安心の治療器具

  • アーム型X線CT診断装置

    photo

    従来の2次元の歯科用レントゲンとは違い、3次元CTは、お口の環境や歯根の形状、骨の状態まで、お口の中をより詳細に正確な検査することができ、しっかりとした治療計画を立てることが可能です。
    また、画像を診療チェア横のモニターに映し出し、患者様にもご確認いただいております。
    さらに、従来との違いとして放射線量は1/3で、安心で安全な治療のご提供を実現します。
    高性能3次元CT「AUGE SOLIO」について

  • 口腔内カメラについて

    photo

    口腔内カメラを各ユニットに設置し、モニターにて口の中の状態を確認してもらい説明を行っています。

  • デジタルレントゲン撮影機

    photo

    従来のものより、X線の照射量が1/3に少なくなり、患者様の負担が軽減します。

    院内LANにてフィルムレスで確認できます。

  • 治療説明用ソフト

    解りにくい治療内容を動画にて説明を行っています。

  • 電子制御麻酔機について

    photo

    苦手な人が多い麻酔注射。
    麻酔注射もはじめにクリーム状の表面麻酔(麻酔注射の前処置)を塗ってから、電動注射器(アネジェクト)を用いております。アネジェクトはコンピューター制御により注射液の注入量がコントロールされているため、痛みを最小限にすることができます。
    麻酔中は優しいメロディが流れます。

  • 笑気麻酔

    「歯の治療は嫌い」と思われている方はかなり多いと思います。恐怖心や緊張感は子供だけでなく大人でも歯科治療に対しては同じです。
    それらを和らげ、快適に歯の治療を受けていただくためのものが笑気麻酔です。

  • 歯科用心電図計・血圧計・パルスオキシメーター

    photo

    歯科治療時に循環動態をモニタリングすることで、高血圧や心疾患などの既往のある患者様が安心して治療を受けることができます。

  • AED(自動体外式除細動器)

    photo

    当医院では「除細動器(AED)」を所有しています。

    心臓突然死の主な原因に、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。心室細動は、発生から1分ごとに救命率が7~10%下がるといわれ、いかに早く救命処置を行うかが生死を分けることになります。

    心室細動の危機から命を守るには、強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動が最も効果的だといわれています。この電気的除細動を自動的に行うのがAED(自動体外式除細動器)なのです。